これから禁煙にチャレンジする人へ。初めてチャンピックスを使うとほとんどの方が禁煙に成功するようです。チャンピックスについて説明していきます。禁煙したいならチャンピックスを使ってみてください。

ニ度目の禁煙でチャンピックスを使う成功率

灰皿

一度は禁煙に成功できても、些細なことをきっかけにまた喫煙を始めてしまった、という体験を持つ方は、実はそう少なくないのです。
「もう一度禁煙をやり直したい!」そう思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
このような場合には、再度チャンピックスに挑戦したいと考えることでしょう。
しかし、「禁煙外来は何度受診しても良いのだろうか?」という疑問も同時にわいてきます。
結論から言えば、禁煙外来は「何度でも再受診が可能」です。
ただし、保健が適用されるかどうかは条件があります。
禁煙外来再受診の保険適用条件で最も重要なことは、「前回受診した初診日から満1年が経過しているかどうか」です。
禁煙外来の保険再算定は、初診日から数えて1年たっていないと認められないからです。
前回の初診日から1年が経過している場合には、保険適用で再び禁煙外来を受診することが可能です。
また、ブリンクマン指数などの検査結果で禁煙治療の必要性が認められた場合には、前回と同様にチャンピックスを用いて12週間の禁煙治療プログラムを受診することができます。
保健が適用されますので、費用は総額で19000円程度に収まります。
しかし、前回の初診日から1年が経過していない場合には、残念ながら自費での自由診療となります。
1年未満での禁煙治療再受診には保険が適用されませんが、禁煙治療を希望すること自体は可能です。
こちらも検査で治療が必要であると判断されたならばチャンピックスを処方してもらうことができます。
この場合は自由診療になりますので、かかる費用はすべて自分で負担しなければなりません。
費用は全て自己負担ですから、全部で63000円強かかります。
保健が適用される場合・されない場合で、禁煙治療にかかる費用が大きく変わってしまいます。
「3度目は絶対にない!」という意思の強さによって2度目の禁煙の成功率が左右されると言っても過言ではないでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧