これから禁煙にチャレンジする人へ。初めてチャンピックスを使うとほとんどの方が禁煙に成功するようです。チャンピックスについて説明していきます。禁煙したいならチャンピックスを使ってみてください。

禁煙は最終的には意志の問題

ライター

タバコをやめるために禁煙外来に通い、専用の治療薬を使用してチャレンジしてみたが何度も失敗してしまうという人も少なくありません。
禁煙補助剤は現在のところ、ニコチンが含有されたガムやパッチなどを利用したニコチン置換療法と、医薬成分によってニコチンそのものを吸収できなくするチャンピックスと呼ばれる飲み薬があります。
ニコチン置換療法は、ドラッグストアなどでも手軽に購入できることから禁煙外来で利用されることは少ないのですが、チャンピックスは医師の処方が必要になってくるため、入手するには病院に行くしかありません。
また、チャンピックスは60%以上の高い禁煙治療率を誇ることから積極的に処方されるようになっています。
ニコチン依存症はタバコを吸うと脳内にニコチンが到達し、受容体に結合することで快楽物質となるドパミンが放出され、短時間ですが精神が落ち着いたり幸せな気分になれるのですが、すぐに消失することから落差が激しく、再びタバコを吸いたくなってしまいます。
これを繰り返すことで依存症になってしまうのですが、チャンピックスを服用すると、有効成分が先に受容体に取り付くことでニコチンの結合を防ぎ、タバコを吸っても満足感が得られなくなるのが特徴です。
ただし、全ての人に効果があるわけではなく、満足感が得られなくとも快楽物質が放出されないことで喫煙欲が大きくなることもあります。
成功率は60%と高いですが、逆に言えば40%前後は失敗するということなので、例え治療薬に頼ったとしても完全な禁煙ができるわけではないということが分かります。
ニコチン置換療法やチャンピックスの全ては「禁煙補助剤」と言われていることからも、結局のところは自分が禁煙をするという強い意志が必要になってくるのです。